HOME < 長生きするためにできること < 愛のある生活

愛のある生活を送りましょう

愛のある生活を送るということが寿命にまで関わってくるとは意外なことですが、実際に家族や友達と仲が良いと長生きする傾向にあります。人と関わることが苦手な方も、少しずつコミュニケーションをとるように心がけていきましょう。そうすることによって長寿へと繋がっていきますのでおススメします。

<動物との触れ合い>

動物との触れ合いも大切にしましょう。アニマルセラピーという言葉をご存じでしょうか。アニマルセラピーとは、心身の回復や病気治療を目的として動物と触れ合うことをあらわします。具体的には精神的効果や社会的効果、身体的効果などが得られます。
精神的効果としましては、動物を飼うことによって責任感や自身の存在意義を高めることが可能ですし、ストレスの軽減やうつ病の予防にも繋がると言えます。次に社会的効果としましては、動物を通して新たな話題が増え、他人とのコミュニケーションに繋がることなどがあげられます。最後に身体的効果としましては、動物の世話をすることによって日常的な運動が増えるといった効果があげられます。

いずれも長寿を意識するうえで大切なことですので、これまで動物を飼ったことのない方にもおススメします。

<スキンシップ>

スキンシップは大切です。高齢になるにしたがって、夫婦関係は良好でもスキンシップは減る傾向にありますし、男性はEDの症状でお悩みの方が増えてくる傾向にあります。
パートナーにEDの症状があることを打ち明けらずにいて関係がギクシャクしてしまうなんてことのないように、気になる症状のある方は、早めに専門医を受診してバイアグラなどのED治療薬を処方してもらいましょう。

<人との触れ合い>

人との触れ合いを大切にしましょう。人との触れ合いが長生きしたいという気持ちを促すこともあります。もちろん煩わしい場合もありますし、相手によっては気疲れしてしまう場合もあると言えますので無理をする必要はありません。ですが、人触れ合うことによって心が活性化する場合もあることや、適度に気が張って若さを保つ場合もあるということを頭に入れておきましょう。

<たくさんの友達を作りましょう>

たくさんの友達を作りましょう。婚姻状況や親族や友達との付き合いをしている人と孤立している人の死亡率を比較した場合、男性では2.3倍、女性では2.8倍も孤立している人の死亡率が高いというデータがあることをご存じでしょうか。このことからも、友達は多い方が良いと言うことができます。
友達が多いとトラブルを引き起こすリスクが高まるとも言えますが、それ以上に孤独によるストレスの方が深刻だと言えます。今いる友達を大切にすることはもちろん、新たなコミュニティーに属することをおススメします。

家族や友達や動物との触れ合いを大切にした愛のある生活を送るということは、生きていくうえで欠かせません。もちろん一人の時間も大切ではありますが、愛のある生活を送ることの大切さを学び、知識として身につけておきましょう。
これまで孤立しがちだった方も、自分に合ったコミュニティーを見つけて日常生活に取り入れてみてください。そうすることによって心身が活性化され、長寿に繋がりますのでおススメです。