HOME < 気になる長寿が実践 < ジャンヌ・カルマンさんの長生きの秘訣

歴代最高ご長寿、ジャンヌ・カルマンさんの長生きの秘訣

現在、確実な証拠のある「歴代最高齢人物」として君臨するのが、フランス女性のジャンヌ・カルマンさんです。1875年生まれの1997年没ですので、実に122年の人生を生き抜いた女傑です。 120歳を「大還暦」といいますが、確実な資料のある人物としては史上唯一、それを迎えた女性でもあります。

◆100歳まで自転車。114歳で女優デビューの輝かしい人生

ジャンヌさんは1875年、フランスのアルルという町に生まれました。そもそも父親が92歳、母親が86歳、兄が97歳まで生きたという「ご長寿一家」ですので、遺伝的な要素も強かったのかもしれませんね。

1896年に結婚。しかし娘を1934年に、夫を1942年に、そして孫をも1963年にバイク事故で亡くすという悲痛な思いを乗り越えてきた女性でもあるようです。 長生きすることには、それだけ親しい人々の別れも数多くあるのでしょう。

しかし負けずに強く生き抜いたジャンヌさんは、85歳でフェンシングを始め、自転車は100歳になるまで乗りつづけたという体力の持ち主。114歳の時には、映画に本人役で出演を果たし、史上最年長の女優としてもデビュー。そして1995年、ついに120歳の時に史上最年長の人物としてギネスに登録されました。

しかも翌年、彼女の住んでいた施設がリリースしたCDには、本人による語りやラップが入っているとのことです。元気いっぱいですね。

◆ご長寿の秘訣はタバコとチョコレート!?

そんなジャンヌ・カルマンさんといえば、まず有名なのはあの天才画家、ゴッホとのエピソードです。1988年にゴッホ生誕百周年を迎えたのですが、その際「彼に実際に会ったことのある人物」としてインタビューを受け、「汚くて性格も悪い人だった」とコメントし、一気に注目を集めました。歯に衣着せぬ、というところでしょうか。

さらに史上最高のご長寿であるにもかかわらず、喫煙者であったことと、大好きなチョコレートと赤ワインを楽しみ続けたことが大きな話題となりました。タバコは117歳になるまで吸い続けたのですが、やめるきっかけも今さら健康のためなどではなく、「火をつけてくれる介護スタッフに悪いから」だったとのことです。

ちなみにチョコレートと赤ワインには、どちらにも抗酸化作用のある「ポリフェノール」が含まれているため、それも長寿と関係しているのでは?といわれています。ポリフェノールは老化防止のみならず、長寿遺伝子のスイッチを入れるはたらきがあることも分かっているのです。 チョコとワイン好きな人には朗報ですね。

長生きの秘訣は「病気をしないこと」という、しごくもっともな回答をしていたジャンヌさん。そんな彼女の口癖として残されているのが「どうにもならないことで、くよくよ悩まない」というもの。 すべての有名ご長寿が教えてくれる、人生の真理といえそうです。

■参考URL:
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%8C%E3%83
%BB%E3%82%AB%E3%83%AB%E3%83%9E%E3%83%B3

http://blog.livedoor.jp/meaningless88/archives/1841513.html