HOME < 長寿を目指しましょう < 元気に長生き

元気に長生きしましょう

医療技術の進歩にともない日本人の平均寿命は延びています。延命装置につながれて長生きするというのではなく、いかに健康で寿命まで生きることができるかというのは、中年になると誰もが考えることだと言えます。
健康なまま寿命を迎えている方は数多く存在しますので、自分自身もそうなるために今できることは何かを知り、可能な限り取り入れていくことをおススメします。

◆素直になりましょう

素直になりましょう。人の意見を素直に聞き入れるタイプの人は、失敗や間違いを防ぐことが可能ですし、自身の短所などを改善することも可能です。多くの人の意見を素直に受け止めることによって生活が改善されストレスも軽減されますのでおススメです。

◆油分控えめの食生活に切り替えましょう

油分控えめの食生活に切り替えましょう。油分の摂り過ぎは要注意です。油は身体の酸化に繋がります。それは老化や肥満に繋がりますので健康維持を意識する上でもよくありません。揚げ物などは油分が多いメニューですのでなるべく控えることをおススメします。

◆冷えないようにしましょう

冷えないようにしましょう。冷えは万病の元と言われるように、冷えることによって血流が悪くなり免疫力の低下に繋がります。日頃から温かい恰好をすることはもちろんですが、適度な運動をすることも有効です。特に女性は筋肉量が少ないため動いた時の発熱量が少ないことから冷えやすい傾向にあります。そういった状態から脱するためにも筋トレや適度な運動を積極的に行い、筋肉量を増やしましょう。そうすることによって冷え性の予防・改善に繋がりますのでおススメします。

◆楽観的になりましょう

楽観的になりましょう。日頃からマイナスの言葉を口にする習慣のある方は悲観的で老いるのも早く、寿命にまで影響を及ぼします。
なるべくプラスの言葉を口にするように心がけることによって身体の内側から元気になってくることもありますのでぜひ試してみてください。

◆生きがいを見つけましょう

生きがいを見つけましょう。生きがいがあると気持ちが前向きになりますし、達成するために長く生きようとする強い気持ちが生まれます。その強い気持ちが生まれたら、日頃の生活習慣や食生活の見直しを積極的に行うようになるものです。
人によって生きがいは異なりますが、一度自分にとって何が生きがいなのかをじっくりと考えてみることをおススメします。

◆学ぶ気持ちを大切にしましょう

学ぶ気持ちを大切にしましょう。向上心が高い方は心も身体も活発だと言えます。常に学ぶ気持ちがある人は毎日を活き活きと過ごすことが可能ですし、プラス思考の傾向にあります。日頃からさまざまなことに関心を持ち、どんなことでも学んで自身に身に付けるように心がけていきましょう。

いずれも気軽に始められることですので、日常に取り入れることをおススメします。もちろん運動や栄養バランスの整った食事などは基本的なことではありますが、これらのことをプラスすることによって更なる効果を得ることが可能です。
日頃から無理することなくマイペースに行きましょう。若いうちは無理をして通用することもありますが、ある程度の年齢を過ぎると無理することは身体によくないということを意識しておきましょう。