HOME < 長生きするためにできること < ツボを押して健康促進

ツボを押して健康を促進しましょう

疲れている時にツボを押す習慣があるという方はなかなか少ないものですが、ツボ押しはさまざまな効果が得られますし、健康促進に有効です。数多くのツボがありますが、中でも長寿に有効なツボを知り、知識として身につけておきましょう。
最近はさまざまなツボ押しグッズなどもありますのでそれらを利用することもおススメですし、バスタイムなどを利用して行うこともおススメです。いずれもツボの場所さえ頭に入れば気軽に行えますので実践してみてください。

<足三里>

足三里は、膝のお皿の下に人差し指端を当ててつま先に向けて親指以外の指4本分のところにあるツボです。長寿のツボとも言われていて、脚の疲れ食欲不振、便秘や下痢、内臓系のトラブルといったさまざまな不調に有効なツボです。

<百会>

百会は目の中間と左右の耳を結ぶ交差点に位置するツボです。自律神経を整えるのに有効で、その他にも目の疲れやめまい、頭痛や耳鳴り、不眠症や抜け毛、肩こりなどに有効です。
自室神経のバランスが整うとさまざまな不調が改善されますのでおススメです。

<合谷>

合谷は親指と人差し指の付け根のところにあるツボで、脳を活性化させる役割を果たします。他にも肩こりや頭痛、便秘や下痢、物忘れや無気力など、さまざまな症状に有効です。

<労宮>

労宮は指を曲げた状態の中指と薬指の間の先端にあり、精神的な疲れに有効なツボです。心配事や不安感が出てきた時は労宮を刺激しましょう。他にも寝起きが悪い時や疲れが取れない時にも有効なので、バスタイムなどを利用して行ってみてください。

<ツボ押しは正しい呼吸で行ないましょう>

ツボ押しは正しい呼吸で行ないましょう。息をゆっくりと吐いてツボを押し、息をゆっくりと吸ってツボを押す力をゆるめましょう。程良い力で2分から3分くらい続けてみてください。呼吸を意識することによって更なる効果が期待できますので実践してみましょう。

<身体を温めましょう>

身体を温めましょう。ツボを刺激する際に、温めてから行うと更に効果的です。入浴中はもちろん、入浴後の身体が温かいうちに行うことによってより一層の効果を得られますのでおススメします。

<大赫>

大赫は勃起不全に有効なツボです。また、膀胱炎や前立腺肥大、
不妊症や排尿トラブルにも効果が期待できますので、男性のみならず女性にもありがたいツボだと言うことができます。 症状にあわせてバイアグラなどのED治療薬を服用するとともに、大赫を刺激しましょう。勃起不全の状態が長く続くということは心身の健康にとってよくありません。
おへそから指5本分下から約5mm離れた両端を刺激してみましょう。パートナーと一緒に押し合ってみることもおススメです。ツボの刺激と同時にスキンシップにも繋がりますのでぜひ試してみてください。

ツボは強く押せばいいというわけではありませんので、自分が心地よいと思う強さで押すようにしましょう。全身にあるさまざまなツボを押すことは気軽に始めることのできる健康法のひとつです。一度覚えてしまえば気軽に行えますので、バスタイムはもちろん、デスクワークの合間やテレビを観ながらなど、気軽に行いましょう。ツボの場所や効能の知識を身につけて健康促進に役立てていくことをおススメします。