HOME < 長生きするためにできること < 活性酸素

活性酸素から身を守りましょう

抗酸化とは、身体の錆びを防ぐことをあらわします。加齢にともなって体調の変化を実感される方も多い傾向にありますが、そういった老化現象は身体が錆びている証拠ですので、早めの対策をとりましょう。
体内に取り込まれた酸素の一部は活性酸素に変化します。本来身体を守ってくれるはずの活性酸素も、増えすぎはよくありません。増えすぎるとやがて健康な細胞まで酸化して身体の錆びを引き起こしますので気をつけましょう。
まずは錆びの原因を知るとともに、生活習慣を改めることをおススメします。そうすることによって健康に繋がっていきますので、取り入れてみてください。

<ストレス>

ストレスは活性酸素の発生に繋がります。強いストレスを感じることによって血圧が上昇し血管に負担がかかりますし、それにともなって血流が滞り動脈硬化を引き起こしかねません。日頃からストレスを溜め込まないように気をつけましょう。

<喫煙>

喫煙はタバコに含まれている発がん性物質のタールが肺に入ることから活性酸素が発生すると言えます。これは、受動喫煙にも同様のことが言えますので注意が必要です。

<アルコール>

アルコールは適度な量にすることを心がけましょう。過度な飲酒は肝臓に負担がかかりますし、活性酸素の発生も多い傾向にありますので注意が必要です。

<食品添加物>

食品添加物を摂取することによって活性酸素は増えます。活性酸素は体内に有害物質が入ることによって生み出されることから、人工的に作られた食品添加物を摂取することは身体にとってよくないと言えます。
食品添加物は数えきれないほどありますので、全く摂取しない生活は難しいと言えますが、過剰摂取をしないように心がけましょう。長期保存が可能なうえ旨味成分を大量に含んだ食品添加物は便利で美味しく、人によってはなくてはならない存在とも言えます。しかし、健康を促進するためにもなるべく食品添加物の少ない食材を摂取することや、摂取したとしても除去するために抗酸化作用のあるものを多く食べるなどの工夫をすることをおススメします。

<紫外線>

紫外線を浴びると活性酸素が発生します。皮膚の脂質が酸化したり、眼球内の水晶体の成分が変化したりと、実にさまざまな影響を及ぼしますので注意が必要です。
絶えず降り注ぐ紫外線を全く浴びないようにすることは不可能ですが、UVケアは活性酸素の害を最小限に抑えることが可能です。日傘や帽子や日焼け止めなどを上手く利用して、紫外線から身を守りましょう。

活性酸素は老化の原因になります。長寿を意識するうえでも活性酸素を意識することは大切ですので、いかに除去するか、いかに抗酸化物質を摂取するかを心がけることをおススメします。
神経質になる必要はありませんが、意識することを習慣づけましょう。日々の積み重ねが大切です。バナナや納豆、卵の黄身やキャベツなど、抗酸化物質を多く含む食材を摂取することも有効ですので、積極的に取り入れることをおススメします。
若いうちから心がけるにこしたことはありませんが、すぐにでも始められることですので気付いた時から始めましょう。活性酸素を取り除く抗酸化を意識した生活は、健康を促進して長生きに繋がります。有害物質から身を守り、100歳を目指しましょう。